施術実績はどう出すの?計算して店舗の理学療法士を深堀りしてみた

(※本ページは、2021年8月28日に更新されました。)

整体や自費リハビリのホームページを見ると、施術実績が載っている場合があります。

この施術実績は、どう計算しているか不思議ですよね?

毎日毎日、「施術した数」を数えて記録したとは思えない…

だからと言って、適当な数字を出しているとも思えない…


実は、この記事で紹介する『施術実績の計算法』を知ると、施術実績の計算方法が分かります。

さらに、施術実績の数から理学療法士を深堀りできます。

なぜなら、私たちは施術実績を計算して求めたからです。

この記事では、『施術実績の計算方法』をご紹介します。

記事を読み終えると、施術実績の計算ができて、自分の施術実績を知ることができます。

施術実績の出し方

必要な数字は、以下の3つです。

・1日の平均施術人数

・出勤日数

・経験年数


 下の計算式に、この数字を入れて、施術実績を求めます。


1日平均施術人数 × 月の出勤日数 × 経験年数(〇〇ヶ月) = 施術人数


例えば、1日平均6名の患者さんをリハビリしている回復期病院に勤めている3年目の理学療法士であれば、

・1日の平均施術人数 → 6名

・出勤日数 → 月20日

・経験年数 → 3年(36ヶ月)

なので、


6名 × 20日 × 36ヶ月 = 4,320名

これが、おおよその施術実績となります。

余談ですが、こう考えると、3年でも4,000名を超える方をリハビリします。

とても貴重な積み重ねですね。

施術実績の落とし穴

先程の計算から分かるように、

1日の平均施術人数と、経験年数によって、施術実績は大きく変わります。

3年目で1日10名の患者さんをリハビリしている場合は、


10名×20日×36ヶ月=7,200名


さっきより、倍近い施術人数です。

1日6名の患者さんをリハビリしている、10年目の場合は、


6名×20日×120ヶ月=14,400名


さっきより、3倍近いです。

このように、1日の施術人数や経験年数に左右されます。

一方で、1年目が施術実績を1万人にのせようと思っても、ほぼ不可能です。

そのため、施術実績のみに依存するのは良くないものの、一定の価値はあると思います。

計算が分かったところで、セラピストを深堀りしてみよう

計算が分かると、他の療法士の施術実績から背景がわかります。

3パターンを考えていきます。

経験年数を10年目、月の出勤日数が20日とします。

パターン1 施術実績【30,000名】

30,000名…

なんだかすごそうですね。

落ち着いて、このセラピストが1日に何名みたか考えてみましょう。

計算は、

施術人数 ÷ 月の出勤日数 ÷ 経験年数(ヶ月) = 1日の施術人数

です。


この計算式に、数字を当てはめると…


30,000名 ÷ 20日 ÷ 120ヶ月 = 12.5名


パターン1では、1日に12.5名を施術したことになります。

1日10名以上を施術するのは、リハスタッフが少ない急性期や、1単位〜2単位でみる整形外科クリニック等です。

理学療法士が独立するときに急性期は作れないので、基本的には整形外科での経験があるってことが分かります。

パターン2 施術実績【10,000名】

30,000を見た後だと、少ないような気がします。

ただ、計算していくと、大切なことに気づきます。

10,000名 ÷ 20日 ÷ 120ヶ月 = 約4.2名

パターン2では、1日に4.2名を施術したことになります。

回復期リハビリテーション病院では、1日5〜7名施術することが多いです。

そのため、パターン2では回復期(脳卒中リハ)での経験があることが分かります。

自分が脳卒中でリハビリを受けたい場合、施術実績が多いパターン1が必ず良いとは限らないですよね?

施術実績の数は少なくても、どのような対象を数多く行ったかの方が大切です。

パターン3 書いていない

パターン3は、書いていないパターンです。

考えられるのは、2つ。


◯実績がほとんどないか、少ないために、アピールにならない。

◯人数をアピールする必要がない。(くらい実力がある)


つまり、最弱または最強パターンです。

厄介なのは、最弱と最強が両方ひそんでいます。

最弱パターンでは、リハビリ経験がほとんどないことです。

最強パターンでは、実績人数を書かなくて良いくらい、他に実績があったり、お客さんでいっぱいだったりです。

今では、若くても最強パターンの療法士や、歳を重ねていても最弱パターンの療法士がいるため、年齢だけでは判断できません。

総合的に情報を捉えていきましょう。

まとめ

本ページでは、施術実績の計算方法と、店舗の理学療法士の深堀りを、ご紹介しました。

施術実績は、

◯1日平均施術人数 × 月の出勤日数 × 経験年数(〇〇ヶ月) = 施術人数

です。

◯施術実績が多い  → 整形外科クリニック

◯施術実績が少ない → 脳卒中リハ

◯記載なし     → 最弱または最強セラピスト

計算方法や考えが少しでも参考になれば嬉しいです。

お知らせ

関連記事

公式LINE登録

当協会では、無料で有益な情報を公式LINEで発信しています。
有益な情報をゲットしたい方は、下記からご登録できます。

本記事の内容で聞きたいことがあれば、公式LINEから聞いてください!!

【スマホの場合】
LINEボタンをクリックし、LINEを開いたら、友達追加をクリック
【PCの場合】
LINEボタンをクリックすると、QRコードが出現するので、スマホでLINEを開いて友だち追加のQRコード読み取りから追加