自費リハビリってやって良いの?

今回は、よく質問のある、自費リハビリはやっても良いのかについて、述べたいと思います。

※法律の専門家ではないので、捉え方や解釈に誤りのある可能性があります。あくまで個人の見解としてご覧ください。
マンツーマンの運動指導施設(リハフィット)を1年半以上運営している者が記載しております。

自費リハビリはやって良いの?だめなの?
やって良いの?だめなの?

いきなり結論

結論から言うと、禁止とは言えないけど、「自費リハビリ」と表現しない方が懸命だと思います。
詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

他の言い方にすると、良いという法律や前例もないが、ダメという法律や前例もないよ、ということになります。
新しい分野では、法律や前例がない場合があり、「自費リハビリ」サービスも同じことが言えます。

そもそも、リハビリは医療用語ではなく、正確には「リハビリテーション」が正式な用語です。
外来リハビリテーションや、訪問リハビリテーションなど医療保険・介護保険で行われている場合、「リハビリテーション」です。
「リハビリテーション」には、医師の指示の下、という法律があります。
また、理学療法や作業療法についても同様で、医師の指示の下、実施する義務があります。
裏を返せば、医師の指示の下であれば選定療養などで実施する「自費理学療法」や「自費リハビリテーション」は、違法ではありません。

続いて、「リハビリ」はどう捉えると良いのでしょうか?
「リハビリ」は、俗語という扱いを受けています。
俗語とは、「世間で普通に使われている」という意味で捉えてください。
つまり、医療用語ではなく、一般用語なわけです。
そのため、厳密な使用の制限はありません。
病院や介護施設で行われる理学療法であったとしても、わかりやすいためにリハビリと言っている場合も多いですよね。
そんな言葉であるため、リハビリをしています、ということは誰でも使えます。

結果的に、理学療法士が「自費リハビリ」、柔道整復師が「自費リハビリ」、無資格者が「自費リハビリ」、を行っても現状は、大問題だ!!とは言い切れません。
また、利用者からすれば、「自費リハビリ」という呼称であっても、内容はぜんぜん違うわけです。

そのあたりを踏まえて、各事業者に判断が求められています。

私は法律の専門家ではないですし、今後法律等が変わることも予想されますので、その点は十分にご注意の上、参考にしてください。

お知らせ

当協会では、無料で有益な情報を公式LINEで発信しています。
有益な情報をゲットしたい方は、下記からご登録できます。

【スマホの場合】
LINEボタンをクリックし、LINEを開いたら、友達追加をクリック
【PCの場合】
LINEボタンをクリックすると、QRコードが出現するので、スマホでLINEを開いて友だち追加のQRコード読み取りから追加